スポンサーリンク

就職 どうする問題

スポンサーリンク
プログラミング

学校卒業後 就職 を少し考えている背景についてはこちら

就職 と一言で言っても

就職と言っても、そもそもエンジニア就職をするのかそれ以外の職種で就職するのかという問題があります。

ここでも書きましたが、少なくとも看護職として病棟でバリバリ働くという就職ではないだろうな思っています。

しかし正直な所、看護職としても転職活動をした事ない私、どこから何をどうすれば良いか問題があります。

そしてその大前提には、自分が何をしたいのかが一番大切になります。

その辺がまだモヤッとしているから、余計何から手をつければ良いかわからない状態だと思います。

エンジニア 就職 したいのか

そもそもエンジニアになりたいと思った事は一度もありません。

「エンジニア養成学校」に通っているのにエンジニアになりたいとは思わないなんて言ったら学校の先生に「?」と思われそうですが、本当にそうなんです。

以前このような記事を書きました。

極端な話、私カレーのスパイスにそこまで興味ありません。

看護職が美味しいと思ってくれたらレトルトカレーでも十分だと思っています。

ただしかし現状看護職にぴったりの美味しいカレーがない、だったら私が美味しいカレーを作ろう!

そのためにカレー作りの基礎を勉強しなくてはいけないと思い今学校に来ています。

もちろん、スパイスの事を知らないと本当に美味しいカレーが出来ないとは知っているんです。

スパイスの組み合わせをしる事で味に深みもバリエーションも増えます。

そういう意味では絶対に美味しいカレーが出来るんです。

そしてスパイスを知る程効率的にカレーも作れると思います。

でも私がそこまで突き詰めて学び技術を身につける必要があるのかな、最近の疑問はそこです。

だからエンジニア就職にそこまで魅力を感じないのではないかと思っています。

就職 も大事だが、必要なスキルは何なのか

スパイスについて知ってるに越したことはないんです、ましてやITで看護職の労働環境を改善したいのであれば尚更プログラミング力は絶対必要です。

今の私には圧倒的にIT力が足りません。

それは知っています、毎日痛感しています。

しかしプログラミングスキルだけでは何も出来ないというのも痛感しています。

ざっくり言うと全体的なビジネス力は全く身についていません。

ある程度ビジネスとしてやっていくのであれば必ず必要なスキルです。

となると、私が今後身につけなくてはいけないスキルは何か。

プログラミング力をどんどん身につけた方が良いのか。

もしくはそれ以外のスキルを身につけなくてはいけないのか。

それによって就職先も変わってくるのではないかと考えています。

その辺をもう少し考えなくてはいけないなと思っています。

今日の写真
最近の夜のお供