スポンサーリンク

いつ子どもを産む

スポンサーリンク
ワーママとして思うこと

「 いつ子どもを産む 」について最近思う事を何回かに分けて記載します。

今回は私個人の経験を記載したいと思います。

いつ子どもを産む のがベストなのか

「いつかは子どもが欲しい、でも今ではない」

という女性がいます。

私の周囲にもいるし、きっと世の中にもたくさんいらっしゃると思います。

女性含めて大学をを卒業する方が増え、一昔前に比べると働く女性は圧倒的に増えました。

女性だってキャリアアップしたいし、それ以外の趣味だって充実させたいしという気持ちが生じるのは当たり前の事です。

だから「今じゃない」「まだやりたい事/やらなければいけない事をがたくさんある」「自分なんかにはまだ無理」と感じ、故に「子どもはまだいらない」となるのは決して不自然ではありません。

私個人の経験

個人的にはこの気持ちめちゃくちゃわかります、私自身もそうでした。

私はずっとなりたかった看護師助産師になり、やっと助産師として働ける!という時期に夫と婚約、社会人2年目には結婚してその後すぐに長女を妊娠しました。
(ちなみに夫は同級生のため夫も社会人2年目、私と全く同じです)

子どもに関しては夫婦で「いつかは欲しい」けど「今ではない」から積極的に妊活はしないけど、積極的に拒む必要もなく「時の流れに任せてみよう」くらいの感じでしたが、結婚式が終わって数ヶ月後には長女の妊娠発覚。

正直、夫婦で驚き戸惑いました。

喜びと言うよりは、本当に大丈夫かなという不安や心配の方が大きく、夫婦で数日間話し合った事を今でも覚えています。

我々の場合付き合っていた期間も短く結婚し、お互い社会人1年目で右も左もわからない中、毎日先輩に怒られ必死に仕事をしながら、新居や結婚式の準備をして、色んなことがやっと落ち着いき、これから2人で仕事頑張ってお金も貯めて、たまには旅行もしてとか考えていた矢先の妊娠でした。

正直社会人2年目で家を購入し結婚式も挙げて、ほぼ貯金もゼロ、この状態で子どもを育てる事に対してお金の心配も漠然とありました。

仕事もやっとなんとか毎日ついて行っている状態の自分達が親になるなんか考えられませんでした。

最初は「今ではなかったかな」という話題だったのですが、そこから「じゃいつだったら良いの?」という話をしました。

例えば3年後。3年働いても給料が2倍になる事はない、上がったとしても微々たるもんで、今より貯金は少し出来たとしても収入はほぼ変わらない。

そして調べてみると、児童手当やら諸々の手当てもあるし、贅沢しなければなんとかやっていけるというのもすぐに分かりました。

3年経ったからと言ってお互い仕事や二人の時間でやりたい事をある程度出来て、精神年齢も向上して「もう自分達は親になれるぜい」と堂々と言えるか・・・

想像してみたけど、当時夫婦の感覚としてはきっとそうでないと思いました。

「多分3年経っても今とほぼ変わらん、経済的にも精神的にも」

そしても何よりも私が心配していたのは、3年後に妊娠出来るという保証がないという事です。

私は仕事柄そういう方も見てきました。

だったら「今でしょ」という結論になりました。

今妊娠したって事は今産みなさいって事やな、と私は思いました。

だから「今じゃない」という方の気持ちはめちゃくちゃわかります。

私と夫も数年前はそうでしたから。

続きはまた次回書きます。

今日の写真
大好きなマダムシンコ