スポンサーリンク

生活発表会に向けて私がしたこと

スポンサーリンク
子育て

私が幼稚園の生活発表会に向けて心がけた事について記載します。

先日、幼稚園の生活発表会が無事終わりました。

子ども達は年明けからほぼ毎日、幼稚園で練習をしていました。

5歳の長女は家でもセリフを覚える練習をして、4歳の息子はピアニカを持ち帰って家で練習をしていました。(ピアニカがなかなか上手に弾けない笑)

毎日毎日、相当練習していると他のママ友からも聞いていました。

健康管理

第一に健康管理です。

まずはこの季節、親子共々体調を崩さないよう注意をしました。

体調を崩すと本番に参加出来なくなるだけでなく、練習時間も減ってしまいます。

体調悪いと練習の効率も悪くなるかもしれません。

よってなるべく体調を崩さないようにしてあげたいなと思っていました。

手洗いうがいはもちろん、1日中幼稚園で練習を頑張ってる子ども達を毎日なるべく早く寝かせるように努めました。

授業で帰宅が遅い日もあったのですが、帰宅後大急ぎでご飯→風呂→寝かしつけをしてなるべくたくさんの睡眠時間を確保できるようにしました。

古風な考えかもしれませんが、やはり睡眠って大切だと思っています笑

何度も記載していますが、私は料理は好きではありません。

健康管理となると栄養たっぷりの食事!も絶対大事なんですが、私も私で忙しく手作りの栄養満点料理は正直出来ません。

その代わり(?)、なるべくお腹を空かせないようにはしました笑

というのも結構食べるんですよね。ご飯食べた後でパン食べたりもしてます。

夕食後に大量のお菓子や揚げ物尽くし等は流石にしませんが、なるべくもっと食べたいという欲求には応えるにしました。

食べるって身体の栄養摂取だけでなく心の栄養摂取にもなると思っています。

どんな練習をしているかたまに聞く

練習の様子を数日に1回くらいで聞くようにしました。

毎日しているから毎日聴くことも可能なんですが、あまり毎日聞いても・・・

と思ったので、数日に1回くらいで「最近練習どう?」「何が難しいの?」「先生怖い?」などを聞いていました。

すごく困っている事がないかも気になりましたが、何よりも練習自体がストレスになっていないかどうかも少し心配しました。

色んな考え方がありますが、どうせだったら楽しんで欲しいなと私は思っていたので、練習が負担になっていないかどうかは適宜さりげな~く聞くようにしていました。

親が子どもにしてあげられる事

最近幼稚園児2人を育てながら思うのですが、親が子どもにしてあげられる事って本当に限られているなと。

色々やってあげたいこと、手伝ってあげたい事はありますが、それって子どもにとっては本当に一部でしかなく、ほとんどが自分で乗り越えなくてはいけないこと、自分で考えなくてはいけないこと、自分で行動しなくてはいけないことだと思います。

あとは親が全部してあげるのも少し違うような気が個人的にはしていて、その加減は相当難しく毎日悩みながら手探りしております笑

直接子どもを手伝ったり何かする事よりも、圧倒的に見守ったり信じてあげたりしなくてはいけない場面の方が多いような気がします。

でもそれって親にも忍耐が必要です。

ゆえに育児は体力勝負かつ忍耐勝負なのではないかと最近思います。

子育ては本当に毎日色んな事を考えさせられるし、心身共に鍛えられます笑

今日の写真
そんな幼稚園児2人とサンマルクカフェでお茶!基本2人で1個ですが、この日は特別大サービスでパフェを1個ずつ注文しました。