スポンサーリンク

2歳 になった 末っ子

スポンサーリンク
子育て

末っ子 が最近 2歳 になりました。

本当に早い

私の中では本当、数ヶ月前に生まれた感覚ですが、気づけばもう2年です!

早過ぎる!!というのが正直な感想です。

数ヶ月前に産んだ感覚ですが、あの痛さはもう忘れているというこれまた不思議です。

末っ子は回線異常(一般的に赤ちゃんが産まれる時には向きがあるのですが、それが正常な向きではありませんでした)だったので誰よりも痛かったのは覚えていますが、具体的な痛さってもう忘れてしまいました。本当に不思議です。

1年を振り返って

やっぱりこの1年を振り返ると、やっぱり糖原病という病気の発見です。

これは末っ子だけに限らず家族にとって大きな出来事でした。

1年前に1歳の誕生日の時はまだ生まれつきの病気があるなんて1ミリも知りませんでした。

その後ちょうど1歳1ヶ月くらいの時に発熱が4日下がらず採血をして、そこでまさかの肝臓が悪いというのがわかりました。(この辺)

そこから糖原病という病気がわかるようになるまで半年かかりました。

一時期、私は勝手に自分を悲劇のヒロインにしている時期もあったし、この子がこの先どうなるのか考えただけで不安になる事も多々ありました。

夫婦で色んな話し合いをしたし、私自身の中でも色んな事を考えました。

そういう意味で、末っ子はまた今までとは違う意味で私を人として成長させてくれたし、夫婦や家族の絆もまた少し強くなったのではないかと思っています。(私が勝手にw)

そんな1年でした。

とりあえず1年、末っ子なりに成長発育して欲しい

末っ子に対しては「これから1年楽しみ」という感情だけではありません。

それと同じくらい不安や心配があるのも事実です。

でも色々不安や心配になっても仕方ないし、現に私の目の前にいる末っ子はとっても元気で彼女なりに成長発育しています。

それが何よりも私と夫の励みになっています。

周囲と比較するとゆっくりかもしれませんが、末っ子なりに健全に成長発育してくれることを心から願っています。

そして出来れば、肝臓が悪化しませんように。

今日の写真
3人目になるともうこういうのは気にしなくなってきました。