スポンサーリンク

保育士 さん に 感謝 しかない

スポンサーリンク
保育園

末っ子は保育園に通っていますが、 保育士 さんには本当に毎日 感謝 しています。

保育士 含めた他のスタッフも末っ子の事を知っているという 感謝

末っ子は区立の認可保育園に通っています。

保育士さん達にも末っ子の経過については知っているし、先天性代謝異常の可能性が高く、現在精査中である事ももちろん伝えています。

看護師も常駐していて、担任の先生含め、園長先生と看護師、栄養士さんまで末っ子の事を把握してくれています。

0歳から5歳まで100人を超える園児がいる、私が住んでいるエリアでは比較的大きな保育園です。

きっと様々な背景のお子様がいると思いますが、そんな中でも末っ子の事を把握して頂いているのは本当にありがたいです。

保育士 さんのすごすぎる気配りに 感謝

ミルクの時間変更

0歳児クラスに通っている末っ子。月齢に応じて食事や補食、ミルクの時間が異なります。

末っ子も末っ子の月齢通りのスケジュールで他のお友達同様、補食や食事を食べていましたが、そうするとどうしても朝9時の補食とミルクを摂取しない傾向になると保育士さんから相談がありました。

というのも、我が家は上2人の幼稚園が9時からのため、その直前に末っ子を保育園に預けています。

そして自宅と保育園が比較的近い事もあり、8:30頃まで朝食を食べています。

そのため単純に9時はまだお腹が空いていないみたいです。

よってこの9時は補食だけにして、ミルク(家では牛乳ですが、保育園の決まりで1歳6ヶ月まではフォローアップミルク)は昼食後にあげたいという提案がありました。

先生達は末っ子の血糖値の事も気にしてくれているのでこれで大丈夫かどうか栄養士や看護師とも相談した上で、保育園としてはこれを提案してくれたそうです。

もちろんこれは余裕で全然大丈夫なんですが、正直ここまで対応してくれる事に私は驚きました、というかある種感動しました。本当に本当に感謝しかありません。

食べた量と食べない食事の報告

食事の摂取量はどの保育園でも連絡ノートや口頭で保育士さんから報告があると思いますが(上2人が通っていた保育園でもそうでした)、それを結構細かく書いてくれています。

量だけでなく、果物は食べたけど肉は残したとかまで書いてくれています。

正直これにも驚いています。他の子よりもどうしても血糖値が下がりやすい末っ子、糖分をしっかり摂れたかどうかは、さすがにズボラな私でも多少気になります。

そんな時「今日はお昼うどんでしたが、ほとんど食べませんでした」と教えて頂けると、夜はしっかり食べさせなきゃいけない、そのためにも末っ子が好きなおにぎりにしてあげよう、とか色々考えます。

これも本当に本当にありがたいです。

保育士 さんには毎日 感謝 しかない

ここに書いたのは本当に一部でしかなく、いつも本当によく見て頂けて本当に感謝しています。まじで頭が上がりません。

当初は末っ子も3歳からは上2人と同じ幼稚園に通わせるつもりで保育園に入れていました。

しかしほぼ生まれつきの病気もありそうだし、それだったら非常に優秀な保育士さんがいて看護師も常駐している今の保育園の方が良いのかな、とか最近末っ子の今後についても少し考えます。

この辺りは、今後先天性代謝異常の専門医の話を聞いたり、末っ子の経過を見ながら考えていこうとは思っていますが、とりあえず間違いなく断言できるのは、保育士さん達がマジですごいという事です!!!

感覚としては個別にチップをお支払いしたいくらいです!(もちろんそれは出来ませんが笑)

今日の写真
活用できる部分は活用したいと思います!!