スポンサーリンク

強い信念

スポンサーリンク
起業

卒業式以降、自分なりに今後について少しずつ考えています

今までの予定

まさかオーディエンス賞や優勝なんか本当に一瞬も考えたなかったら、学校卒業後は個人開発で地味にコツコツと身近な看護職の役に立つサービスを作っていこうと思っていました。

そのための技術があまりにも自分にはまだまだ少なすぎると思い、在学中からエンジニアインターンをさせて頂いています。

自分のプログラミング力をもっともっと高めるためですね。

プログラミング力を高めつつ、コツコツ作って10人でもそれで業務が楽になってくれると言ってくれたら良いなと、本当にそんなつもりでいました。

個人開発以外を少し考え始めた

しかしオーディエンス賞と優勝をきっかけに、個人開発以外の道も少し検討しています。

正直本当にここまで看護職向けのサービスに共感を得られるとは思っていませんでした。

とある人に言われた事あるんですよね、看護師の労働環境なんか別に関係ないと。

看護師の労働環境が良くなかったからって、何?メリットある?みたいな感じです。

確かにそうだなと思ったんですよね。

私にとってはめちゃくちゃ大事な事やし、なんなら残りの人生かけてじっくり取り組みたいなと思っている問題やけど、多くの方にとってはどうでもよい問題かもしれないと。

だから世の中の人には分かってもらえなくても看護師が喜んでくれたらそれで良いし、そんなプロダクトを作りたいと思って半年間私なりに頑張りました。

そして以外にも自分の想いを少なくとも卒業制作発表会を見てくれた方には伝わった。

もちろんあれは文化祭のようなものなので、あの結果が全てではないし、有頂天になってはいけないけど、コツコツ地味な個人開発以外の道も考えてみても良いのではないかと思い始めました。

という事で今絶賛自分の中で色々考えつつ、他の方のご意見やアドバイスも聞いている所です。

やっぱり今後も大事にし続けたいと思った事

私の薄っぺらい脳みそでここ数日色々と考えているのですが、一番根幹にあるのはやっぱり「看護職の働きやすい環境を作る」

そのミッションが達成されるのであれば正直手段は問いません。

だから私は起業に全然こだわってなかったしコツコツ個人開発でも良いと思っていました。

あとは正直自分じゃなくても良いと思っている部分もずっとあります。

なんなからもっともっと優秀でお金も技術もある会社や個人がしてくれてもう良いんです。

でもまじでやってくれる人や会社がなんです。

医療機器メーカーとか電子カルテの会社とか、これ以外にも看護職向けの新しい物やサービスを作っている会社も多分たくさんあります。

でも誰一人として「現場の看護職ファースト」の視点ではないんです。

「ここ不便だよね」「これいらないよな」という物やサービスだらけで、帯に短しタスキに長しなんです・・・

ほとんど使われなくなるか、その不便なものを使い続けているかどっちかです。

だからこうなったら自分で作るしかない!と思ってプログラミング勉強し始めました。

だから今でももっと大きな会社がやってくれるのであれば、一緒にするとか私を雇わせてもらうとかそんな形でも全然ありがたいなと思っています。

もちろんお金も必要、でもお金を優先するために看護職ファーストでなくなるのであれば正直そんなサービスいらないと思っています。

絶対自分が会社を起こすとか、そもそも会社にするのかどうかとか、そういう手段なんかよりも「現場の看護職ファースト」

ただしかし、会社にする事で社会的に信用度が上がったり、資金調達しやすくなったり、その結果看護職の働く環境がめっちゃ良くなるのであればするべきだと今は思っています。

自分の中での信念って今後とても大事になると思っています。

きっと色んな方から色んなご意見があると思います。

どんな逆風やコンフリクトがあってもぶれないような芯を今後も持ち続けたいと思います。

多分それが一番大事、これからはそれがもっと大事。

この信念を持ちつつミッションを達成出来る一番良い方法を模索していきます。

今日の写真

タピオカ紅茶ラテの味がした!