スポンサーリンク

コロナウイルスよりもショックな事件 vol.2

スポンサーリンク
ただの感想

n番部屋事件についての個人的な感想の続きです。

見てただけでも罪か

この事件について色んな記事を読んでいると、韓国の知恵袋的なサイトにとある男性が

「自分は普段は普通に働いている、見てただけなのに罪になるのか」

的な投稿があったという記事を読みました。

きっとこう感じている男性が韓国だけに限らず、日本にも少なからずともいるのではないかと思います。

普通の性的サービスとは全然違う

個人的に今回の事件っていわゆる性的サービスとは全然違うと思っています。

ブラックな部分もきっとあって一概には言えないと思いますが、性的サービスは対価を払ってサービスを提供しているある種のサービス業的な部分があります。

事前に契約がかわされ準備されて作られたものなのです。

AVにもいわゆる少し暴力的なものがあるそうですが、事前にセッティングされた完全にファンタジーであり男性の性欲を満たすための架空の世界です。

男性の性欲を満たすためのサービスみたいなものだと思っています。

だからこのような性産業を否定するつもりは全くないし、このようなサービスを利用する男性を否定もしません。

しかし今回の事件ってこのような性的サービスと全然違うと個人的には感じています。

同意なし

大前提として女性の同意なしです。

知らない間とか脅迫とか無理矢理です。

その時点で性的サービスとは全く別物です。

だから普段のAVを見てた感覚で「見てただけ」では全然済まされません。

被害者の人生が奪われた

完全に被害者の人生が奪われたのに「見てただけ」という感覚は正直驚いています。

仮にこの被害女性が自分の身内や大切な人だったらどう思うんでしょうか。
(というかこれが想像できる人であれば、こんな動画見ないと思うのですが。)

この事件に限らず、女性の性被害に対して「ちょっと触っただけ」「少し見ただけ」「1回くらい」の感覚を持っている男性ってきっと多いと思います。

そのちょっとや1回が被害者の人生を狂わせるとは思っていないしそこまで想像出来ない方が多いと思います。

見てる男性からすれば女性の性被害ってその程度なんだと思うととても残念で、ある意味恐怖です。

加害者が自殺した

韓国ではこの衝撃的な事件に対する署名活動もいくつか活発に行われていています。

その署名運動の中には「閲覧者全員の身元を明確にするべきだ」という内容もあるそうです。

きっと今韓国ではバレるのではないかと、ソワソワしている男性が26万人近くいます。

昨夜、この動画を閲覧していたと思われる男性が自殺したという記事を読みました。

「こんな大変な事になるとは思っていなかった」的な遺書があったそうです。

鬼かもしれませんが、個人的には全く同情出来ません。

被害に遭った方々は今も苦しんでるし、その傷が一生癒える事はありません。

忘れる事なんか絶対出来ないし、閲覧していた人が死んだからと言ってなかった事にはならないし、きっと「死にたい」と思っている方もいらっしゃいます。

感想はまだ明日にも続きます。

今日の写真
少しずつ春です!