スポンサーリンク

正しい情報 得たもん勝ち

スポンサーリンク
ただの感想

以前から思っていましたが、「コロナウイルス」で改めてマジで「 正しい情報 得た者勝ちだな」と思っています。

簡単に情報が手に入るメリットとデメリット

様々な情報がいつでも簡単に手に入る時代になりました。

そういう意味ではとても便利な社会です。

私が中学生、高校生の頃はインターネットから情報取るって今程手軽ではありませんでした。

でも今って疑問に思ったことがあれば、その場ですぐに検索できます。

という便利な一方ではその情報が溢れていてその情報が本当に正しいかどうかの判断がとても難しいです。

良くも悪くも情報が多過ぎます、情報過多です。

たくさんの情報から自分が求めていた情報を手に入れるのは、検索機能のアルゴリズムが改良されている関係でかなり簡単になりました。

一方ではたくさんある情報から正しい情報を判断するのはかなり難しくなっていると思います。

正しい情報 かどうかの判断

検索エンジンは、その人が求めるぴったりの情報を探すのは得意になりましたが、それが信頼できる情報かどうか、正しい情報かどうか、デマではないかどうかを判断する事は出来ません。

要するにそこは最終的に人間が判断する事になります。

「コロナウイルスがお湯で死ぬかどうか」「トイレットペーパー不足かどうか」「ケーキ食べると母乳が詰まるかどうか」「お腹を痛めて産んだ方が愛情が湧くかどうか」「子宮頸癌ワクチンは副作用がすごいから危ないかどうか」

これからの情報が正しいかどうかを判断するためにはアルゴリズムではなく人です。

正しい情報 を判断する能力

多種多様な情報から正しい情報を判断するためにはある程度の材料が必要です。

またその材料が揃ったとしてもその材料を正しく解釈する必要もあります。

というのは素人の私の感覚です。

私は情報の素人なのでこれくらいしかわかりませんが、もっと他にも必要なものがあるかもしれません。

でもこういう事って、私が記憶する限り義務教育や高等教育では受けていないんですよね。

時代が違ったと言えばそうなんです、私が学生の頃は今のようにインターネットは身近ではなかったし、SNSなんかなかった。

今の教育内容にはあるかもしれませんが、少なくとも今の大人の多くはそういう教育を受けていない人が圧倒的に多い、だからテレビやインターネットの情報が正しいかどうかの判断が出来ない人、判断方法がわからない方は多いのではないかと思います。

むしろ、そもそもその情報が正しいかどうか疑う人は少ないかもしれません。

結果上記のようなデマを本当だと信じてしまう大人が多いのではないかと思っています。

あくまでも素人の私の単純な発想なので、もちろんこれだけが要因ではないと思っています。

正しい情報 得たもん勝ち

結局、多くの事柄において正しい情報を得た人が勝ちだなと最近思います。

コロナにしても子育て関連にしても。

正しい情報を手に入れた人が圧倒的に有利です。

トイレットペーパーを大急ぎでストックする必要もないし、母乳育児中も好きな物食べられるし、子宮頸がんワクチンも打ちます。

そのためにはさっき記載したような正しい情報を判断するいわゆる情報リテラシーが必要だと思います。

今の大人はもちろん、これから大人になる子どもも身につけるべきスキルだなと思っています。

今日の写真
みんなそれぞれ大変な中でも相手を思いやれる気持ちって素敵だと思います。