スポンサーリンク

看護業界 お局

スポンサーリンク
看護職を取りまく環境

看護業界 にいる お局 について記載します。

看護業界 お局 が多いらしい

私はかなり職場環境が恵まれていたのか、ザお局的な人っていなかったんですよね。

確かに合わない人とか、口だけで全然動かない先輩とかはいましたよ。

でもそれは個性って感じでそんなお局!的な感じではなかったはずなんですよね
(私が鈍感だから気付いていないだけかもしれないが)。

知り合いの話を聞いたりtwitterをしているとやっぱり多いらしくてお局が。

お局原因で仕事を辞める人もたくさんいます。

看護業界 にはなんで お局 が多いのか 

きっとお局的な人ってどこの業界でもいると思うんですよね。

看護業界に限らずパワハラ的な上司やお局ってきっと残念ながらどこにでもいて、そしてそれを原因で辞める人はきっと看護業界以外にもたくさんいる。

でも私の個人的な感想として看護業界は特に多いイメージがある。

ではなぜ看護業界に多いのか。

仮に他の業界よりもお局が多いとしたらお局が発生しやすい環境や要因があると思うんですよね。

以下、あくまでも本当に私の個人的な推測を記載します。

女社会

看護業界は圧倒的に女社会です。

男性が近年は増えつつありますが、やっぱりほとんど女性というのが現状です。

この女社会というのは要因の1つかもしれないと勝手に思っています。

私はかなり苦手且つ鈍感ですが女性独特の感性や人間関係ってきっとあるんですよね。

それが影響している可能性もあります。

ストレスフルな環境

ストレスフルといえばみんな何かしらのストレスの中で働いているとは思うのですが、やはり看護師が働く環境ってかなりストレスフルだと思っています。

長時間勤務、夜勤のある不規則勤務、医療事故を起こさないだろうかという不安、生命を預かっていると責任、間違えたらやばいという緊張感、職場の人間関係、患者や家族との人間関係・・・

やっぱりベースしんどいと思うんですよね。(決して他の仕事が楽だとは言いません)

ストレスフルで心身共に疲れるからこそ、後輩にあたってしまうのではないかと思っています。

あたり先がないんですよね、矛先が自分よりも弱い者に向くというか。

やっぱり心身共にストレスふるな状態って人を変えてしまうっと思うんですよね。

一緒にしたらあかんけど、でも殺人とか虐待とか痴漢とか窃盗とか色んな悪い事をする人が世の中にはいますが、こういうことをする背景にやっぱり職場のストレスとか家族との関係とかを挙げる人がいます。(だからと言ってやった事が許されることは絶対にないんですが)

看護業界 に お局 が生じる環境をなんとかしたい

私がやりたいことって大きく言うと看護職の労働環境改善で、そのためにはこのお局問題は必ず出てくるのではないかと思っています。

これを含めてなんとかしたいなと思っています。

どこから何をすれば良いのだろうか。

今日の写真
自宅で過ごす時間が増えたので手の凝った料理にチャレンジ。
第二弾はチキンベースのオニオンスープ(スープストック東京のやつ)。