スポンサーリンク

私が出来る「 看護×ICT 」

スポンサーリンク
起業

今回の業務改善案募集とこの期間自分なりに考えたり他の方の意見を聞いたりして、私の中で考えた、「 看護×ICT 」で今の自分が出来る事について記載します。

私含めて多くの看護職が望んでいる「 看護×ICT 」

今回の募集で、私含め多くの看護職が望んでいる業務改善が「カルテとの連携」に関連しているという事がわかりました。

以前どこかの看護系雑誌で、看護職が思う煩雑な業務の堂々第一位は「記録」だると見た事があります。

我々の仕事において「記録」が大切なのは言うまでもありませんが、これが非常に量が多く細かく面倒臭い、転記も多く時間がかかる。

自動化して欲しい!の多くが、

「患者がタブレットで入れた問診が電子カルテにもそのまま反映される」

→現状紙で書いてもらって、それを看護師や事務が電子カルテに入れ替えている

「バイタル測定したらそのままその値がカルテに飛ぶ」

→現状測定値を看護師が電子カルテに転記、リアルタイムで出来ない事も多い

など「記録」の手間と時間と労力を省くものでした。そしてそのために「カルテ連携」が必須です。

「 看護×ICT 」においてカルテ連携はすぐに出来ない

結論から言うとこれは今すぐは出来ません。

電子カルテとの連携=個人情報との連携となり、そのためには圧倒的な技術力が必要なだけでなくコストも生じます。

言うまでもなく医療安全やセキュリティ(個人情報保護や漏洩防止の観点)が関連するのです。

電子カルテは、病院と電子カルテの会社が契約をした上で利用しています。その契約には色々と約束事や決まり事があり、多くが電子カルテと他のサービスとの連携は出来ないようになっています。

「 看護×ICT 」で、カルテ連携をするのは私の役割ではない

カルテ連携という、看護職の業務改善においてめちゃくちゃインパクトがある事を正直今の私は出来ません。

というかこれは私の仕事ではないと思っています。

こういう事は他のもっとお金と人と知識と技術がある大きな会社がするべきだと思っています。

私はあくまでも看護職目線で看護職が日々の業務において感じている小さなお困りごとを解決していければと思っています。

これは今回の募集と、学校の先生からのご意見や学校の友人や様々な看護職と話している過程で気付き考えた事です。

カルテ連携以外で出来る「 看護×ICT 」?

そもそも、そんなのあるの?って感じだと思います。

カルテ連携はもちろん、完全ワイヤレスでのモニタリングや自動記録などなど、理想はキリがないです正直。

でも今の日本の看護職の現状からそれってドラえもんの世界みたいです。

よってそこを目指すための小さな一歩を自分ができる範囲で実施していきたいと思っています。

それが小さな困りごとを解決するようなサービスです。

私自身もそうでしたが、良くも悪くも今のやり方が当たり前だと思っている看護職、これ以外の方法がわからない看護職、何からどう変えれば良いかわからない看護職も多いと思います。

そんな看護職の日々の小さな困りごとをプログラミングで少しでも解決し楽にしたいと思っています。

今回の卒業制作で作るサービスはもちろん、卒業後もこの方向で私は考えています。

そもそも看護職の仕事は縁の下の力持ちです。ほとんどが地味で目立ちません。

大きな会社が気付かないような、目につかないような、お金にならないという理由でやらないような、看護職の困りごとを解決できるような技術者になりたいと思っています。

今日の写真
読了。STDsに基づいて記載されているのでとても分かりやすかったです。STDs×テクノロジー×地政学。日本にいると日本のこの現状だけが当たり前のように感じますが、世界規模で見ると全然違ったりもします。