スポンサーリンク

家事をしない 夫

スポンサーリンク
共働き家庭

最近 夫 があまりにも 家事をしない ことについて記載します。

夫 の 家事をしない 、出来ない問題

このブログを読んでいる方の多くがうちの夫は「家事育児に協力的で凄い」と思っている方が多いと思います。

私も大前提として夫には感謝しています。

夫がこの歳でこの状況でのキャリアチェンジを許してくれたから、私は最低限の今衣食住を心配する事なく自分がやりたい事にチャレンジ出来ています。

というのは大前提です。

この大前提の元言いますが、家事育児をほとんどしません。

目の前にやらなければいけない家事があっても 家事をしない 夫

例えばリビングに大量の畳まなければいけない洗濯物があっても、夫はそれを畳もうとはせず自分が見たい動画を見ています。

洗面所には子供達の洗わなければ上履きもあるし、手洗いせなあかん靴下もあります。

完全にやらなければいけない事が見える状態で、私は座る暇もなく分刻みで家事をこなしていてもやりません。

明確な指示がないと出来ない夫、指示を出しても出来ない 夫

元々家事育児能力が高い人ではないというのは知っています。

そして「気付く」とか「察する」という事も出来ません、だから私がいない間にお願いしたい事は口頭で伝えるかラインに入れています。

以前「洗濯物を乾燥機にかけてて」とお願いしました。

乾燥機のスイッチ入れるだけです、誰でも出来ます。

しかしその後「終わった洗濯物を外に出してて」とまで私は指示しなかった。

すると夫は乾燥機が終わった洗濯物を出さなかった。

結果的に子供達は汚れた靴下や制服を乾燥機が終わった洗濯物の上からどんどん入れていました。

この場合別に子供達は全く悪くありません。

私の中で乾燥機が終わった洗濯物を出すというのは指示するまでもなく、当たり前とか一般常識なんですが、夫にとってはそうではないかもしれません。

となると、最後まで指示を出さなかった私が悪いのか。

最初はそう思いました。

だから「乾燥機終わった洗濯物は出して」と一言伝えて、全部もう一度洗濯回す→乾燥機にかけるという作業を夜遅くに帰宅した私が自分でしました。

だって指示を出さなかった私が悪いですもん。

でもこの同じ事が2回あったのです。

衝撃的です。正直私には理解不能です。

指示待ち、確認して状態の 夫

子ども達が通っている幼稚園の延長保育はアプリで管理されていますが、以前私がアプリで延長申し込みをし忘れていました。

結果的に幼稚園から夫の携帯に連絡があったのですが(私は授業で受けられなかった)、その際夫からあったラインが「延長保育の予約入れてないの?」。

ちなみに夫もこのアプリダウンロードしているから、わざわざ私に聞かなくても自分でアプリ確認すれば良いんです。

何のためにアプリダウンロードしているか意味不明です。

保育園に通っている末っ子を夫が迎えに行った時「お尻ふきが無くなったから持って来てだって」と帰宅後の私に伝えます。

それも自分で入れれば良いんです。

わざわざ私に報告する必要はありません。

おしりふき箱で買って保管場所も夫は知っています。

家事 に対する責任の問題

ここに書いた事って些細なんですが、こういう些細な事の積み重ねだと個人的には思っています。

そしてこういう問題って、もはや家事育児に対する意識というか責任の問題だと私は思いました。

夫の中ではあくまでも私が家事育児のリーダーで夫はサブという認識ではないか。

だから指示がないと動けないし指示通りにして失敗してもその尻拭いは私だし、いちいち全部私に報告する。

本当に夫婦で家事育児をするのであれば、二人でリーダーになって責任持たなくてはいけないと思っています。

家事育児能力が高いとか低いとか、器用とか不器用とかそういう問題ではないと思うんですよね。

今日の写真
学校にお洒落なチョコレート!