スポンサーリンク

共働き家庭 が子どもを 幼稚園 へ入れた理由

スポンサーリンク
幼稚園

子供を 幼稚園 に入れている 共働き家庭 が、最近都心を中心に増えているというネットの記事を少し前に読みましたが、まだまだ私の周りでは少ない印象があります。

実際私の子供が通っている幼稚園でも、ほとんどの母親は専業主婦もしくはパートタイマーです。

幼稚園の親からは「えっ、働いているの?しかもフルタイム?」と驚かれます。私の職場のママ助産師や大学、高校時の友人でフルタイムワーママからは「えっ、保育園じゃなくて幼稚園?」と驚かれます。末っ子が通っている保育園の保護者からも「えっ上の子達保育園?」と驚かれます。

完全核家族で共働きの我が家が、幼稚園を選択した理由についてまとめてみました。

共働き家庭 が子どもを 幼稚園 へ入れた理由

引越しと子どもの年齢と、保活の兼ね合い

今の家に引越ししてきたのが、長男の育休中で、1ヶ月後には完全仕事復帰の、長女2歳6ヶ月、長男1歳4ヶ月、3月でした。

そもそもこの引越しが決まったのが1月でした。以前住んでいた家は結婚時に投資目的も兼ねて購入したマンションでした。

結婚後家族がとんとん拍子に増えて狭くなったのと、売却金額が良さそうだったので、売却に出していました。

それと同時に次に住む家を探し、すぐに今住んでいる家にたどり着きましたが、しっかりローンを組んでいたため、家が売れないと新しい買えないという状況でした。結果的に売却が決まったのが1月で、そこから売却の手続きと購入の手続きを同時にして、引越ししたのが3月。

全てが急でドタバタでした。子ども達の保育園も急いで探したのですが、そもそも1、2歳児で同じ保育園は認可や認証では普通でも難しい上に、保活を始めたのが1月。

区の方からほぼ無理だと言われました。さらに今まで住んだことのないエリアで、土地勘もゼロ。

結果、家から一番近い認可外保育園に入れることになりました。認可外なので高かったのですが、家から徒歩1分という近さと、姉弟で入園出来るという事でそこにしました。

小学校入るまでずっとここ?

認可外保育園という事もあり、子どもの人数はそんなに多くありませんでした。

また園庭もなく、マンションの一室のような所でした。

保育士さん達には本当によくみて頂きました。

天気が良ければ毎日お散歩や近くの公園にも連れて行ってくれたし、給食とおやつも手作り、お金を払えば手作りの晩御飯も食べされてくれました。

長女が3歳になった夏には夫婦の中で、小学校に入るまでずっとここで良いのかという疑問が生じてきました。

やや高いけど、送り迎えやご飯など、親としてはとにかく楽でした。

でも子どものためにはどうだろう?

年齢が上がるにつれてお友達の数は減るし、広いとは言えない空間で毎日10時間近くを小学校入るまで、週に5日過ごすのか・・・

他の選択肢

まず思いついたのは他の保育園への転園です。もちろん調べました。

しかし次年度3、2歳で同時入園はほとんど不可能であるとわかりました。

というのも3歳の枠は少しあっても2歳の枠がほとんどない。各園0か1人です。

他に頼る人がおらず、夫婦共働きのため年子の姉弟を違う保育園に入れることは考えていませんでした。となると、他の保育園への転園も相当厳しかったのです。

そこで行き着いたのが幼稚園。

私立幼稚園では早朝保育や延長保育、夏休みや冬休みなどの長期休暇の預かり保育をしている幼稚園がたくさんありました。

家から通える範囲で、出来るだけ預かってくれる幼稚園まで絞ると2園ありました。

その2園の見学会や説明会に参加し、入園させたいと思ったのが今子ども達が通っている幼稚園です。

幼少期の思い出

私も主人も、母親が専業主婦だった事もあり保育園には通ったことがなく、幼稚園に通っていました。

幼稚園時の思い出って結構覚えているんですね。

遠足やお祭りなどいろんなイベントがあり、子どもながらに楽しかったのを二人共今でも覚えていました。(私が特に覚えているのはザリガニ釣りです!)

夫婦で結構その話で盛り上がりました。

その経験が今の人生や生き方にどこまで影響しているか、どう反映しているかは正直わかりませんが、出来れば子ども達にもこういう思いをさせてあげたいね、と当たり前のように思いました。

習い事問題

今までさせた事がなかった習い事。

そもそも夫婦フルタイムで働いている我が家には、子どもに習い事をさせるという選択肢すらありませんでした。現実的に送り迎えが出来ません。

しかし多くの幼稚園が習い事と提携しているため、幼稚園で出来るのです(月謝はもちろん別途支払います)。

今すぐでなくても、子どもがしたいと言った時にさせてあげられるという選択肢があるのは、共働き夫婦にとって嬉しかったです。

また私が自分の忙しさを言い訳に(したらダメなんですけど・・・)、幼児教育やお勉強系もさせた事がありませんでした。

しかし幼稚園に通わせるとカリキュラムが組まれているので、ある程度保育時間内にしてくれます。これも共働き我が家には大変助かります。

共働き家庭 が 幼稚園 に決めた!

今通っている認可外保育園よりは送り迎えが大変になるし、お弁当も作らなければいけない、親の行事参加も多い、認可保育園に比べるとお金もかかる。

こう聞くと働く親にとってはマイナスに聞こえるかもしれません。でも夫婦で工夫し協力することで、子ども達がより多くの経験をし、それを通して少しでも多くの事を感じ成長出来るのであれば、何よりも子ども達が楽しめるのであれば、それに越したことはない。

幼稚園が家からかなり遠かったり、めちゃくちゃ高かったり、ほぼ毎日親の集まりがあったりと、いろんな意味で負担が相当大きくなるのであれば、現実的に幼稚園は無理でした。

また私と主人がいわゆるOLやサラリーマンでカレンダー通りの勤務しか出来ない仕事では、無理だったかもしれません。

私はシフト制で休み希望を出せば平日休みも無理ではない。(もちろんその分土日働きます)主人もなんとか都合をつける事が出来る仕事です。夫婦で分担すれば平日の行事に参加出来そうです。

幼稚園に通うことで増える親の負担は少しだけだね、なんとかなりそうだね、というのが我々夫婦の共通認識でした。

だったらそれくらい夫婦で負担しようじゃないか、という事で幼稚園に入れることを決めました。

今日の写真

真っ白の満開、思わず子ども達と「綺麗だね」と止まって見ました。

today’s exercise
デトックスヨガ20分