スポンサーリンク

家事の可視化

スポンサーリンク
共働き家庭

以前の話し合い以降、家事を全て書き出すという作業をして、 家事の可視化 を試みました。

全ての 家事の可視化 は出来るのか

前提として家事を全部書き出す事は無理だと思っています。

家事している方であればわかると思うのですが、ルチーン家事もあるのですがそうでない家事もたくさんあります。

例えばお弁当を作る、週に1回は玄関の掃除をする、というのはある程度頻度を決めて実施しているのでルチーン家事です。

でも例えば、

・子どもがケチャップこぼしたらから服をウタマロ石鹸で手洗いする

・床がざらざらするから掃除機をかける

・子どもがスイミングで忘れ物をしたから取りに行く

こういう家事はルチーン家事ではありません。

生活をしている流れで生じたり、中には予想外、緊急で生じてその都度臨機応変に対応する必要がある家事なんです。

これがいわゆる最近少し流行の「名もなき家事」と近いかもしれません。

そして個人的にはルチーン家事もあるけど、このルチーン出来ない家事、その都度生じる家事が相当多い。

何なら子どもの数が多い程、また子どもの年齢がひくい程、この非ルチーン家事は多いし細かい。

それをルチーン家事と並行して実施しているんですよね。

だから全ての家事を可視化は絶対に出来ないと思っています。

ルチーン家事を書き出して 家事の可視化 を試みる

ルチーン家事も完全にルチーンは出来ないという大前提

ルチーン家事だけでも書き出してみることにしました。

家事って結構フィーリングや流れで実施している部分があると思うんです。

例えば「食器を洗う」は基本的には毎日実施している家庭が多いと思うのですが、1日中外出をして洗う食器がほぼない時は翌日に翌日分と一緒にする時もあると思います。

玄関の掃除は基本週1回だが、子ども達が大量の砂と一緒に帰宅した場合は、そうも言ってられません。

という具合に、ある程度流れやフィーリングで実施していると思うんです。

よって完全にルチーン化も出来ないんですよね。

という大前提の元とりあえず最低限実施しなくてはいけないルチーンだけ書き出す事にしました。

項目を分ける

毎日の最低限のルチーン家事を朝、昼、夕方以降で分けました。

また週間業務(週1で実施する家事)、曜日業務(曜日ごとに実施しなくてはいけない家事、主に習い事関係)、月間業務(月1で実子する家事)に分けました。

なるべく細かく書く

出来る限り細かく、でないと我が家の夫は出来ません。
(乾燥機回してもそれを出す事は指示がないと出来ない人なんでね)

共有、適宜追加できるようにする

スプレッドシートに記載し共有、適宜追加できるようにしました。

また週間業務と月間業務はどこまで実施済みかお互いがリアルタイムで確認出来るようリマンダーアプリに登録し共有できるようにしました。

家事の可視化  を試みた結果

現段階で毎日の最低限のるチーン家事で60項目、週間業務12項目、月刊業務11項目、それ以外で曜日業務がありました。

家事の可視化 を基にとりあえずやってみる

ざっと思い付く事だけ書き出してみてリマインダーも使えるようにしたので、とりあえず試験的に運用していきたいと思います。恐らくやっている内に項目はどんどん増えると思いますが、適宜追加修正しながらとりあえず運用してみます!

今日の写真
あっさり味噌ラーメン