スポンサーリンク

自主的 な 家事

スポンサーリンク
共働き家庭

「夫婦の家事・育児分担」は共働き夫婦には必須だと思います。夫が 自主的 に 家事 が出来るようになる工夫について記載します。

家事 に対して 自主的 に気付けない夫

我が家の場合、大体私が主人に「私がこれをするからその間にこれをして」とか「●●と○○どっちがいい?」という風に、家事に関しては主に私が司令塔のようになり主人にお願いしている感じです。

そして主人は言われたことや自分が選んだことはやります。でも逆に言うと言われた事以外はしません、出来ません、気付けません。

例えば「仕事行く前にゴミ捨てとって」と言うとゴミを捨てるだけで、ゴミ箱に新しいゴミ袋はセットしません。

この場合「ゴミを捨てて、その後新しいゴミ袋をセットしてて」と指示しなかった私がいけなかったのか。

新しいゴミ袋をセットしておかないと後でゴミを捨てる時に面倒臭い、そこまで主人は考えられません。

ある時は、私が日中出かけていた時主人に子供達をお願いしました。

帰宅すると、お茶が冷蔵庫の中に全くなく、空のピッチャーがキッチンに置いてました。

お茶全部飲んでなくなったのであれば沸かしてくれたら良いのに、全然手間じゃないやん!と言うのが私の感想。

「冷蔵庫中のお茶が少なめやから、私が出かけてる最中にもしなくなったら沸かしてて」出かける前にここまで想定してお願いする事は私も出来ません。

こう言う些細な事ですが、積み重なると面倒臭そうなので、なんで出来ないんだろう、気付けないのだろう、どうしたら出来るようになるのだろう、と私なりに考えてみました。

夫が 家事 を 自主的 に気付けない要因

要因の1つとしては主人の性格があると思います。

基本的に気配りとかそう言うのは出来ない人です、昔から。

その性格は知っていたし、それも承知の上で私は主人と家族になりました。

そこを直して欲しいとは思わないです。(ってか多分直せません笑)

別の要因としては、主体的に家事をしていないからではないかと思いました。

どこかで私が家事をメインでして自分はサブ、お手伝いと思っているから気付けないのではないか。

どこか潜在意識の中に、言われたことだけやれば良いと言う受動的な姿勢が家事に対してあるから、言われたことしか出来ない、能動的に家事を出来ないのではないかと思いました。

どうすれば夫が 家事 を 自主的 に出来るか

もう少し主体的に、能動的に家事をして欲しい!と言う点について主人に伝えました。私が求めるレベルまでするのは相当難しいー、とはっきり言われました笑

でも話はここで終わらず、じゃどうすればお互い責任を持って主体的に家事が出来るのか?について二人で話し合いをしました。

こういう時、自分には出来ない!で話を終えるのではなく、どうすれば良いか一緒に考え話し合い、模索出来るこの関係性が私はとても大切だと思います。

きっとこう言う話し合いすら出来ない夫婦もいます。

そう考えると一緒に向き合う事が普通に出来る主人に感謝です。

少し脱線しましたが、我々夫婦のいたった結論は、家事の見える化をしてみよう。と言う事でホワイトボードを活用してみることにしました。

こうする事で二人で一緒に家事をしている、二人で家事に責任を持つという意識が芽生えると同時に、やる事が明確にリストアップされているので、何をすれば良いかわかるし、主人も少し主体的に取り組みやすのではないかと思います。

活用してみて修正は必要だとは思いますが、まずはやってみようと思っています!

今日の写真
読みました!家族って何だろう?と素朴に思いました。女子高生のいざこざのあの感じはリアルだと思いました。子どもがいると未来が2個あるって、素敵な発想だと思いました。自分と夫、子ども3人、トータル5個の未来がある私は幸せ者だと思いました。