スポンサーリンク

時間 を 絞り出す

スポンサーリンク
プログラミング

時間 を 絞り出す ことについて記載してみます。

育児と 時間

みんなに24時間って平等に与えられているはずなんですが、時間の使い方とか捉え方は、明らかに子供が生まれて育児+仕事をするようになって相当変わりました。
(もう5年も前の話ですね・・・老けたな自分)

こんなに時間って足りないものかね!こんなに時間ってないもんかね!とほぼ毎日思うようになったのです。

そしてそれは子どもの数が増えるにつれ笑、益々感じております。笑

絶対的な育児負担は減るんですが(ご飯食べされる、着替えを手伝う、オムツを変えるなど)、それと比例して、精神的なケアというか教育的な部分というかそういう所の負担が増えるので、結局育児の総量としては変わらない、というか私自身色々考えたり「どう伝えたら良いかな」「なんて言おう」と感じる事が増えました。

なんか単純ではなくなってきたような気がするのです。

よって私と時間との戦いはもう無くなりません、絶対笑

プログラミング学習には 時間 がかかる

さらにこの歳から未知のプログラミング学習・・・

今まで生きてきてそれなりに勉強せなあかん時には勉強してきたつもりですが、これ程時間がかかる勉強はなかったです。

というか時間かけると結果がそれなりに付いてくる事が多かったのです。

時間かけて論文読んでわかった!とか、時間かけて試験の勉強して解けるようになったとか、時間かけて実習の記録書いてなんとか提出出来る形になったとか。

でもプログラミングって時間かけてもほぼ実らない時もあります(というか私はほぼそれ笑)。

こんなに時間かけたのに結局新しい機能は何も追加出来品かった、以前のこの課題がまさにそう。

時間があればコード見てるのに、結局コードの内容を理解するだけで今日1日終わったとか、そんなんだらけなんです。

よってとても時間を要する学問だなと感じております。

時間 を意識的に 絞り出す 必要性

何も考えないと、やるべき事ややらなくてはいけない事だけで1日が終わってしまいます。

特に育児をしていると最低限の家事育児だけで正直1日は終わります。

その中でもさらにプラスαで自分の勉強時間を捻出するためには、それなりに時間を意識、管理し絞り出す工夫が必要です。

でないとマジで「母親業」で1日が終わってしまい勉強が出来ません。

1つの事だけで 時間 を過ごさない

正直今の生活で、時間を絞り出す工夫で出来る事って限られています。

特に意識をしているのは1つの事だけで時間を過ごさない。

例えば今このブログを書いている間(朝4時)に、ブラーバに床拭きの掃除をお願いしています。

朝子供達のお弁当作りながら、朝ご飯と夕食の準備しつつ、録画していたテレビを流し、洗濯機を回す。

プログラミング学習の時はそれだけに集中したいのでなるべくそれ以外の事をしている時はマルチに動くようにしています。

意外と意識すれば一度に色んな事が出来るんだなと感じております。

と言ってもずっとそんなマルチに動けるほどの集中力もないので、ことも達と一緒に紙芝居や図鑑を見たり、夫と夜食食べながら麻雀のテレビ見たり、グータラしている時間もあります笑

メリハリ、オンとオフが大切かと思っています。

動く時は全力で動くし、動かない時は動かない!

この些細な事の積み重ねやと思っていますが、これ以外にも何か良い方法があれば教えて欲しいです。

今日の写真
クリスマスっぽぃですね!!