スポンサーリンク

元職場 の 先輩 からの救われた一言

スポンサーリンク
起業

先日、初めて 元職場 の 先輩 と会って、とても救われた一言 を言って頂けました。

元職場 の 先輩 と会いにくい現実

こういう辞め方をして、このような思いを抱いていた私。

正直元職場の方と会うのは気まずいし、ほとんど連絡も取っていません。

というか私からは取りにくいというか・・・向こうからも取りにくいかもしれませんが、この点はある程度時間が解決する部分があるのではないかと思っています。

元職場 の 先輩 からのリアクション

この先輩は私が新卒で入職した時からの大先輩で、大変お世話になりました。

助産師として、社会人として本当にたくさんの事を教えて頂いたし、先輩のお母さんや赤ちゃんに対する姿勢から学ぶ点しかありませんでした。

そんな先輩は私が復帰する1ヶ月前に退職していました。

現在は他の医療施設で助産師として働いています。よって、3人目復帰後には実際に職場ではお会いしていませんでしたが、私の個人的なインスタでよくコメントをくれていました。

退職後も、インスタにコメントを何回か頂いたので、思い切ってインスタを通して連絡を取ってみました。

そして先輩と会う事になりました。

元職場 の先輩と会う

本当に大好きだし尊敬している先輩助産師なので、色々お話したい事がありました!!

久しぶりにお会いしましたが、とても良い意味で何も変わっていない先輩を見て、私はとても安心しました。

先輩は末っ子の事を心配してくれていたので、入院やら検査やら現状の経緯を説明し・・・

その後はやはり職場を辞めた事について話ししました。

先輩も病棟の忙しさを十分過ぎるくらいわかっていたし、先輩もそれ要因で退職したというのを初めて知りました。

「毎日終電で帰って、朝また7時には家を出て、何のために仕事しているかわからなくなったし、ずっとこれでこれだけで私の人生終わるの嫌だからさ」

私は終電まで残れなかったものの、非常にわかるし、共感し過ぎて心が締め付けられるような感覚になりました。

「あそこで働きながら3人(子育て)は無理だよ、辞めてよかったんだよ」

何回も何回もそう言って頂きました。

正直、いまだに本当に辞めてよかったのだろうか・・・とたまに思う時があります。

そういう時に、大尊敬の先輩からそう言って頂いて、少し安心しました。

その後は私の起業について話をしました。すごく熱心に話を聞いて頂きました。むしろどんどん意見を言って頂きました。

この話をしている過程で、

「馬車馬のようにあそこでずっと働くよりも、結果的には絶対多くの人を助けられるようになるよ」

そう言って頂けたのがとても印象的でした。

すごく嬉しかったし、ある意味ホッとする部分もありました。なんか肩の荷が少し降りた感じがしました。

少し自分がやろうとしている事に自信も持てるようになりました。

逆に、絶対何かしらの形にしなければとも、強く思いました。

それが結果的には先輩をはじめとした元職場の方への恩返しになるはずです。

臨床で日々奮闘している看護職の意見は本当に貴重です。やはり方向性としては間違っていないと感じた一方では、もう少し踏み込んだ内容を整えて再考する必要があるとも考えました。

今夜はカレーと決めたけど、バーモンドカレーかこくまろか、隠し味にりんご入れるかヨーグルト入れるか、どれくらいの量を作るか、どういう準備で作っていくか・・・こんな感じです。

まだまだ考えなあかん事だらけですね

でもとりあえずカレーは決まったんですよ!!

今日の写真
人生初ラクレット!!