スポンサーリンク

病院 を 退職 した後の大きな決断: 起業 する!

スポンサーリンク
起業

病院を退職後、こういう思いを引きづりながらも今後の自分を模索日々の中で、ある結論に至りました。その経緯について書きます。

病院の退職後に自分の中で湧いた疑問

最初はとりあえずアルバイトをしながら、人生初転職活動をしてみよう、その過程で自分の中である程度いろんなバランスが取れた職場を探そう、と考えていました。(関連こちら

しかし思いました。産科病棟の常勤で、ある程度時間で終わる職場なんかあるのか?

今まで勤めていた病院の病棟以外で働いた事ないし、転職活動もした事ないし、探してみたらあるかもしれないけど、結局どこに行っても同じではないか。

どこも病棟は忙しいし、時間で帰れないのは当たり前というのが、世の看護師の中に潜在的にあります。

それは大きい病院になればなる程そうです。

だから私が勤めていたような大学病院の病棟のスタッフは圧倒的に若いのです。

若いスタッフが断然多い。

大きい病院程、卒後の初期教育がしっかりしているから新卒が多い、という理由もありますが新卒でたくさん入職しても、多くの方が5年以内で退職するイメージがあります。

退職の理由は個々人色々あると思いますが、「時間で仕事が終わらない」が理由の看護職もたくさんいるに違いありません。

となると、転職活動をした所でまた同じなのではないかという疑問がどんどん湧いてきました。

病院を退職した後に他の病院への転職では意味がない

そもそも、時間で終わらない臨床がおかしい。だったらその変な臨床を変えなくては、私みたいな思いをする看護職を減らさなければ、という結論に至りました。

となると少なくとも、病院への転職ではありません。

病院の外から臨床へのアプローチ方法を考えました。

もう一度大学院へ戻って研究をする事をまず考えました。

研究により導き出された科学的根拠を元に、臨床を変えるお手伝いをしようかと思いました。

しかし2年大学院へ行き未熟な学生ながらに感じた事は、研究結果を臨床レベルまで落とすのは相当時間がかかるという事です。

絶対絶対研究は必要です、EBM( Evidence Baced Medicine, Evicence Baced Midwifery), EBN (Evidence Baced Nursing)の時代です、研究ありきの臨床です。

しかしそれを今現在この瞬間も、臨床で目の前の患者と向き合っている看護職にすぐ還元する事は出来ません。

臨床で活用出来るようになるには、相当な労力と時間がかかります。

病院経営のコンサルティング会社もあります。

しかしあくまでも「経営」という観点からのアプローチです。

経営ももちろん大切です、それが成り立たないと看護職の給料は出ません。

しかし「経営」という観点だけでなく、もう少し看護職に寄り添った看護職のための仕事がしたいという想いがあります。

となると、自分でするしかありません、起業です。

病院を退職した後の起業:具体的な方法

看護業務はかなりアナログであったり非効率的な部分が多々あります。

ここに書いたようなものを実際に企業に提案して、一緒に作れないかな・・・

もっとテックを使って看護業務の効率化や短縮化が出来れば、時間で終わるのではないか。

方向性としてはこんな感じですが、果たして事業として成り立つのか・・・

そもそも私みたいな病院勤務の経験しかないビジネスど素人に何が出来るのか・・・

果たしてどう企業へアプローチすれば良いのか?

そんな事を考えている時、偶然にもある記事を読みました。

今日の写真
いつも行くイオンの中にタリーズが入っているのですが、大体誰か子どもと一緒に来ているので、入った事がありませんでした。先日1人で朝一イオンに行った時に入りました。毎日子ども3人とわちゃわちゃしている私にとって、非常に優雅で贅沢、幸せな朝食でした。