スポンサーリンク

育児 の 外注

スポンサーリンク
共働き家庭

育児 の 外注 と聞くと聞き捨てならん!って方もいらっしゃるかもしれませんが、現実的に夫婦共時短なし共働き+完全核家族の我が家で、大人二人が仕事、家事、育児を全て担うのは無理だと我々夫婦は考えています。

そもそも家族みんなが新しい環境に慣れて、育児負担が少し減るまで時短を取る予定でしたが、病院の制度的?に取れず。

育児 の 外注 →子供達のお迎えをお願いしたい!

何か一部分を他の人にお願いしようと夫婦で話し合い、まず最初に上がったのが幼稚園と保育園のお迎え。

自宅の最寄駅から自宅までダッシュで歩いて7分、その後自転車でまずは幼稚園へ行き4、3歳児をピックアップした後に保育園で末っ子をピックアップ。

末っ子を自転車の前に乗せて、後ろに私含め4人分の荷物を置いて、4、3歳児を歩かせて、私は自転車押しながら歩いて帰宅。

これが意外と時間がかかるのです。何だかんだで30分は軽くかかります。

迎えに言っても保育士さんからの引き継ぎや、荷物をまとめたりするので時間が少しかかり、さらに保育園から自宅まで子供達を歩かせるのですが、子どもの足となるとそう早くはありません。

夕方のこの30分、大きいと思うんです。30分あれば晩御飯食べさせることも出来るし、お風呂にも入れるし、お風呂のお湯入れている間に洗い物したり荷物を片付けたり、明日の準備をしたり・・・

私が大急ぎで帰宅した時に子ども達が家にいてくれたらそれはそれは楽だ!
それなら時短なしでも何とか希望が持てる!
と思い、このお迎えをやってくれる人はいないか、めちゃくちゃ探しました。

育児 の 外注 で、高い低年齢三人の壁

まず思いついたのは区がしているファミリーサポート(ファミサポ)。

区の子育て支援講座を受けた方が、短時間子どもを見たり送迎をしてくれるというサービス。

末っ子が生まれた時に登録はしていたものの、利用した事がなかったので、今回詳細を確認してみた所・・・

原則大人1人に対して子ども1人!!大人3人必要なの?普段の大人の数より多いじゃん、と思い電話で問い合わせてみました。

事情を説明した所子ども達が小さいためやはり大人3人にお願いする必要があると。せめて一番上の子が小学生なら2人でも大丈夫だったみたいです・・・

しかも3人も同じ時間にお願いするのは難しいとはっきり言われてしまい・・・諦めました。

次は登録している大手ベビーシッターのマッチングサイト。

ベビーシッターとなると最低でも1回の利用が3時間、シッターさんの家から近いと2時間でも可という方が多い印象を受けました。

とりあえず2時間お願いする程で、自宅の近くで登録している方に絞り、さらに3人見てくれる方と絞るといませんでした・・・2人までの方が多かったです。

そこでこの際3時間お願いして、何なら簡単な家事をしてもらったり、子ども3人の風呂入れを手伝ってもらおうと思い、3時間で4、3、0歳3人見てくれる方で絞り1人だけいらっしゃいました!

基本時給は2000円ですが、3人お願いとなるとプラス2000円/時間、さらに2歳以下はプラス1000円/時間、18時以降21時までは夜間料金でプラス300円/時間、結果的には時給5000円以上な上に往復交通費と、マッチングサイトへの手数料・・・

確かに4、3、0歳児を見るって大変だからお支払いしなくてはいけないのも重々分かります。責任持ってお仕事をして頂くのですから、それに対してはお支払いしなくてはいけません。

でもさすがに、毎週とか定期的に気軽にお願い出来る価格ではないと判断し、すぐに断念しました。

育児 の 外注 諦める

我が家の場合、ベビーシッターは本当にどうしようもない時の保険としては助かりますが、現段階で定期的に利用するのは現実的ではないという結論に至り、現段階で育児の外注は無理だと判断しました。となると他を外注出来ないか・・・

夫婦で模索の日々は続いています。

今日の写真
最近読んだ本です。主人公とほぼ同じ立場の私は主人公の気持ちがよくわかりました。

today’s exercise
寝坊したため(実際は起きようとしたら末っ子が起きてしまったため、おっぱいあげました)、実施出来ず・・・