スポンサーリンク

年子と映画に行って感じたこと

スポンサーリンク
子育て

先日6,4(間も無く5歳!)歳児と一緒にドラえもんの映画を見に行きました!

ドラえもんの映画を見に行った背景

今年の夏休み、正直夏休みっぽいことを何一つしてあげられませんでした。

緊急事態宣言は明けて、夫の仕事もほぼ通常に戻りリモートワークは増えたけど、業務量は増えた印象があったため、自宅にいてもほぼずっと仕事をしています。

また私自身も会社のこと考えたり開発したり、新しい助産師バイトも始めてと正直毎日バタバタです。

またこのご時世なのでどこか遠くへ行くというのもあまり良くないかと思ったし、あとはこのご時世なので毎年行っている屋外プールやお祭り関連も全部中止。本当に大したことをしてあげられませんでした。

今年は特にどこの家庭でもそうかもしれませんが、なんとなく子ども達に申し訳ない気持ちになり(私が勝手にそう思ってるだけかもしれないがw)、せめて映画くらい観に行こうかということになり、ドラえもんの映画を見に行くことになりました。

久しぶりに年子2人と出かける

2歳の末っ子は保育園へ預け(来年は一緒に行こう!)、上2人と電車に乗って行きました。

久しぶりに子ども2人と出かけたのですが、めちゃくちゃ成長を感じました!!

我が家の長女と息子は1歳2ヶ月差の年子なので、この2人が0,1歳、1,2歳の時って本当にお出かけが大変でした。

近くの公園行くだけでも結構一苦労で、よく1人で重たい二人乗りベビーカー押しながら、大量の荷物(サイズ違いのおむつ2つ、着替え2セット、マグマグ2つにおやつも2つ)を持って近くの公園や児童館に行っていました。

外で何か食べさせるとなったらこれまたマジで一苦労で、私は自分の分を食べる余裕なんか全然ないし、なんなら出先で自分のトイレも行けませんでした。

赤ちゃんルームを見つけては2人分のおむつを順番に変えて、よく周囲のお母さん達に驚かれていました。

今でも街中で2人乗りベビーカー押してるお母さん達を見るとあの頃を思い出します。

そしてがんばれ!!と心底応援しています。

二人乗りベビーカーに乗ってた赤ちゃん2人が、私の左右にいて手を繋いで歩く、トイレも1人で行ける、ご飯も1人で食べる。そして私も座って普通にご飯が食べられる。

これってあの時は1ミリも想像できないことです。

めちゃくちゃ成長を感じました。

ちょっと前まであんな生活をしてたtっつ森なんですが、そうではないんですね。

確実に子ども達は成長していて、1人なんかしみじみとなっていました。

ちなみにドラえもんの映画めっちゃ感動しました!!!

今日の写真
次は家族で鬼滅の映画見ようと約束しました